長岡整体院 オステオパシー

長岡整体院 オステオパシー、オステオパシーについて

HOME >  インフォメーション  > オステオパシーについて

オステオパシーとは

○ オステオパシーの基本的理念(これに基づき診断、治療を行う)

・ 筋肉、骨を主体とした骨格と内臓や血管などの働きは相互に関係する。(一方が悪くなるともう一方も悪くなる。一方が良くなるともう一方も良くなる。)

・ 体は治る力を持っている。

・ 治る力が弱くなっている時、病気が発生する。

・ このような障害をオステオパシーでは体性機能障害(somatic dysfunction)という、筋肉の硬さ、関節の動き、神経、血管、リンパ、脳脊髄液の流れ、内臓の硬さ位置などを総合的に観察し、その上で障害を矯正する。


○ 補足として
治る力が低下するもの

・ 精神的ストレス
・ 睡眠不足
・ 気候の変化(気圧、気温、季節変化)
・ 栄養の偏り、過不足
・ 薬物